ラビアピアス 穴あけ

ラビアピアスの穴あけを自分一人で行うのは非常に危険である。必ず病院などで施術してもらうことをお勧めする。

たとえ、耳ピアスやへそピアスであっても、ピアスの穴あけに関しては、きちんとした知識を持って行いたい。自分ひとりでピアスをつけるには消毒、洗浄がきちんとできるかが重要である。

痛みは人それぞれであるが、痛くて嫌だと思う間はピアスの穴あけは待っていたほうがいいかもしれない。ピアスは体に傷をつける行為なので、多少痛みがあるのは当然である。ラビアピアスは、麻酔を打たないでやれるくらいの勢いがないとお勧めできない。だって性器(クリトリス)に穴をあけるのですから。

ピアスの穴あけが終われば、顔や手を洗うのと同じで、常に消毒、洗浄が欠かせない。ラビアピアスは、女性の敏感な部分であるからなおさら衛生管理には気をつけていただきたい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。